酔い止めを飲もう

なぜ乗り物酔いというものは起こるのでしょうか、みなさん車ではよく酔ってしまう方でも電車では酔いませんよね?実は一定の速度で揺れずに直進する乗り物では酔いというものは起こらないのです。そういう乗り物は電車くらいしかないのですが、酔いというものは車の揺れや、加速、カーブなどの振動や、負荷で三半規管に刺激がもたらされた結果に起こるものです。そこで酔い止めが活躍します、酔い止め薬というのはいろいろ販売されていますが、主に車に乗る前に服用します。そうすることによって嘔吐中枢に伝わる経路が遮断され、振動がきにならなくなり車酔いがしにくくなるのです。今では水なしでも簡単に飲めるものもあり、苦みなどもなくとても飲みやすいものになっています。車に弱いと自信のある方は是非酔い止めを飲んでからドライブに行きましょう!酔い止め防止策はいろいろありますが、一番簡単ですぐに誰にでもできる方法のひとつなので、薬なんてきくの?と思っている方も一度試してみてはいかがでしょうか。思ったより効果があり驚くと思います、子供などは特に三半規管が成長していなくて酔いやすい子もいますので、旅行前には服用させておくのもいいかもしれません。