運動をしよう

運動をしたって何が車酔いに関係あるの?と思う方は多いと思います、しかしどうして車酔いというものは起こるのでしょうか。それは乗り物の振動や加速などで内耳にある三半規管に刺激がいき、脳がパニックを起こすことから乗り物酔いが起こります。そこで日頃から運動をして三半規管を鍛えておけば車に酔いにくくはなります、スケート選手などがあんなにくるくると何回も回転しても酔わないのは、日頃から運動をして三半規管が鍛えられているからです。ほかにも要因の一つとして視覚などから入る予想外の情報に脳が混乱し、酔いを起こすということです。後ろ向きに椅子に座ると酔いやすくなってしまうのはそのためです、どこでどういう振動がくるかなどがわからないから酔ってしまいます、ですので前をしっかりと向いて車の動きを意識するというのも効果的です。頭をふらふらさせずにしっかりしていれば安定した状態で脳が働くので、車酔いすることも少なくなってきます。車に乗る前にはチョコレートや雨などを食べて血糖値を上げておくのもいいでしょう。睡眠不足も車酔いを引き起こしてしまう一番の要因ですので、寝不足のときは誰かに運転を変わってもらい、社内で睡眠をとることをおすすめします。