車内を清潔にしておこう

汚い車というのは誰も乗りたくはありません、そして車を不衛生にしているとにおいまでこもってしまうので注意しましょう。車の独特のにおいが車酔いを起こす原因でもあるのです。車酔いの原因は視覚や嗅覚などさまざまな感覚が誤作動を起こして、脳が混乱することにより起こります。常に車内はきれいにしておき、換気も忘れずにしておきましょう。そうすることでいつも気分よくドライブができ、酔い止め防止にもつながります。自分の車だと酔わないのに、人の車だと酔ってしまうというのはそういうことが原因となっています。食べ物などはできるだけその日に捨て、においが残らないようにしましょう、消臭剤や芳香剤などもありますので、あまりにおいがきつすぎないような程度で使うのもいいと思います。自分はすぐ酔ってしまうから心配だ!と考えすぎても余計に酔ってしまいますので、気持ちに余裕をもって自信を持って運転するのも大事です。猫背や姿勢の悪い人も車に酔いやすい傾向にあるので、そのような方々は日頃から運動することもおすすめします、ブランコや縄跳びやジョギングなどをすることにより、三半規管が鍛えられますので、酔い止め防止になりますので是非試してみてください。