視覚への負担を防ごう

サングラスというものはおしゃれの為のものだけではありません、実は車酔いにも効果を発揮するアイテムのひとつでもあるのです。車酔いの原因として外界からのいろいろな刺激があります、日常生活では経験しないようなスピードや、エンジンなどの微妙な揺れ、車の中の独特のにおいなどです。そこでサングラスをかけて視覚への刺激をやわらげようということです。光などの反射やいろいろな要因が目に飛び込んできます、景色などもよく変化する近くなどではなく、遠くをみるようにしましょう。せっかくのドライブも具合が悪くなっては楽しめなくなってしまいます。そして車の中ではあまり動き回らず、進行方向を向いて体を安定させるということも大事になってきます。携帯電話やiPadなどが今では誰しもがもっていてい、ドライブ中に調べものなどもしやすいと思いますが、小さな揺れの中でさらに小さい文字を見ようとすると目への負担はどんどん増していきます。そして脳がパニックになってしまい車酔いというのが発生してしまいますので、是非車に酔いたくないという方は注意してください。運転中というのは意識はしていなくても目からの情報はとてもたくさん入ってきます、適度に休憩をして体を休めながら旅行などを楽しみましょう。