ラフな服装をしよう

車で出かけるからにはびしっとかっこいい服装にして、出かけよう!という人もいると思います、ただしその人が車酔いに弱い方でしたら少しだけ工夫するだけで、酔いづらい状態にすることができますので行ってみてください。それはラフな格好をして体を締めつけないということです、体の皮膚も呼吸していますのであんまりぴったりした服を着ると、どこが息苦しい感じがしてくるかもしれません。それらがだんだんと車酔いへと影響してくるのです、長距離を運転する場合などは少しでもラフな格好をして、体をリラックスさせてあげましょう。適度な換気もして常に新鮮な空気をいれておくのもいいと思います、ガムをかむというのも実は効果的で頭をはっきりとさせることが酔いの防止につながります。そして酔ってしまったときは我慢せずに一旦車を止めてもらいましょう、あまり無理しているとどんどん症状が悪化していってしまいます。吐き気があるときは思い切って吐いてしまうのもいいと思います、胃になにか食べ物がある感じがするとムカムカとして余計に気持ち悪くなってしまうことがあるからです。胃の中をすっきりとさせば、意外とすんなりと酔いが収まったりもするんですよ。