満腹、空腹はさけよう

せっかくドライブや旅行に行くのに酔ってしまうのは嫌ですよね、具合が悪くなってみんなにも迷惑をかけてしまいますし、旅行というもの事態嫌いになってしまうかもしれません。そこで知っていて損はない酔い止めの防止方法をご紹介します。よく空腹のときにお酒を飲むと酔いやすいと言いますが、それは車酔いのときも一緒です、そして満腹のときも酔いやすくなってしまいますので旅行に行く際などは、空腹や満腹にならないよう適度な食事を心がけましょう。もし満腹になってしまったらベルトなどを緩めて楽な服装をしましょう、お腹を締め付けたり体が窮屈な感じの服装もあまりよくはありません。旅行というものはやはり普段食べられないようなものがたくさんあるので、つい食べ過ぎてしまったりしてしまいますが、そこを気をつけるだけで車酔いを防ぐことができるので意識してみましょう。そして食事をしたあとは丁寧な運転をしましょう、急発進や急ブレーキは体に負担がかかり視覚も揺れてとても酔いやすくなってしまいます。食後の後だとなおさらです、車の窓をあけて空気を入れ替えたり余裕をもった運転で、ストレスなく運転することによって酔いを防止することにつながります。